​任意整理

​秘密にしながら借金を整理したい方

 できれば家族や他の人に知られずに借金を整理したいという方には,任意整理という方法が理想的です。

 なぜかというと,任意整理は裁判所を利用せずに直接債権者と交渉する方法なので,破産や個人再生の際に必要となる家族の書類等は原則不要です。

 ですので,原則,弁護士以外の誰かに知られるということはありません。弁護士が代理人となって債権者と交渉するので,それほど手間もかかりません。

​ 秘密にしながら借金を整理したい方には,任意整理が最も適した債務整理方法でしょう。

​任意整理の流れ

ご依頼後すぐに,債権者に受任通知を発送

 受任通知が債権者に届くと,ご依頼者様への請求がストップします。従いまして,業者への支払いは,和解成立までストップしていただきます。

​2

債権額の調査

 弁護士がこれまでの取引経過を取り寄せます。過払い金の対象取引の場合は,引き直し計算といって利息制限法に基づいて正しい金額を計算します。

​3

​債権者と交渉

 弁護士が債権者と交渉をします。原則,弁護士費用完済後に債権者への支払いがスタートするように交渉しますので,弁護士費用の支払いと業者への支払いは,重なりません。

​4

​弁済の開始

 交渉がまとまりましたら,和解書を取り交わし,弁済が開始されます。

​任意整理のメリット

​他の人に秘密にしながら月々の返済額の負担を減らすことができる。

​自動車ローンを完済していなくても,自動車を維持しながら整理できる可能性がある。

​各債権者からの取り立てがストップする。

保証人がついている債権者への整理を避けることで,保証人へ迷惑をかけることを防げる。

裁判所を通さない手続きのため,裁判所への出頭,資料提出等の手間がなく,時間的拘束が少ない。

将来的な利息をカットできる可能性がある。

​任意整理のデメリット

​いわゆるブラックリストに載ってしまうため,

数年間は,新しく借り入れをすることや,クレジットカードを作ることができなくなる。

→放っておくと破産の危険もあるほど,負債が膨らんでいる場合に,ブラックリストへの登録をためらっている場合ではないと思います。また,いずれ,支払いが数ヶ月遅れるなどした場合には,どのみちブラックリストへの登録は避けられません。

​なお,ブラックリストへ登録されたとしても,家族等には影響がありません。

収入や支出の状況に照らして,利息をカットしても返済が不可能な状態のときは,任意整理の方法を取ることができない。

​解決事例

​​解決事例1

​相談前

 私は,消費者金融とクレジットカード会社から合計数百万円のキャッシングがありました。最初は,軽い気持ちで借りたのですが,いつの間にかどんどん枠が広がって,気づいたときには毎月の返済でいっぱいいっぱいとなり,借りては返すを繰り返すようになってしまいました。利息18%で月々8万円ほどの返済でした。
 ついに,返済が遅れてしまったところ,その月から業者からの督促が続き,精神的にも疲弊してしまいました。

​相談後

弁護士に依頼すると,頻繁にあった業者からの督促がなくなりました。
また,数ヶ月後には,和解交渉がまとまり,返済額も月4万まで減って,利息もゼロになりました。

​弁護士のコメント

 任意整理をすることで,将来的な利息をカットし,月々の支払いの金額を下げられる可能性があります。

​ 一方で,債務整理を行うと,信用情報機関にブラックリストとして登録され,数年間今後の借り入れをすることやクレジットカードを作ることができなくなります。

​ ご自身のご状況に照らし合わせて,ご判断いただくとよろしいかと思います。